作り方次第でアクセス数も・・・

しかし、ただ単純にホームページを作っただけでは、もちろん商品は売れませんし、誰も見に来てくれません。アクセス数を増やす努力も必要です。

一番効果的な方法は何か?なるべく手をかけずに済ませれば・・・だれもが持っている願望です。
ホームページや通販サイトは作り方次第で、検索したときにページ上位に来ることが可能です。
ただし、それは「ある程度」です。なぜなら、キーワードをお金で買って検索上位に表示されるようになる検索連動型広告サービスがあるからです。
ですから、ある程度まで検索上位に来るように制作しますので、その後はご自身でホームページを育てて行くことが必要不可欠です。

最初は弱小チームでも、徐々に常勝チームへ変貌
するように・・・もちろん、その効果的な方法もアドバイスさせて頂きます。我々とご一緒にあなたのホームページを大きく育てて行きましょう!

SEOって何?自分でできる?

「SEO」とはSearch Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)のそれぞれ頭文字を取ったものです。簡単に言えば、Googleなどの検索サイトにおいて検索したときに、自分のサイトが上位に来るための手法となります。
難しそうに聞こえますが、専門の会社に頼まなくても自分でもSEO対策は出来ます。例えば、ホームページに付けるタイトル(題名)に会社名や屋号を使ったりしていませんか?確かにそうしたくなるのはもっともです。しかし、SEO対策としてはNGです。訪問者の気持になって、自社へはどんなキーワードでヒットしたいのかを考えることが必要になります。ライバル会社に勝つためには、これは重要なことです。
その他、htmlタグの見直しやリンク、外部対策など多岐にわたる対策手段があります。

でもこれって・・・・・ちょっと面倒ではありませんか?

ホームページ制作の英際人 A-siteでは、基本的なSEO対策は標準装備です。
キーワードの選択や訪問してほしい、狙いたい客層の選別等、お客様とじっくりと話し合い、有効なタイトルを見つけ出します。簡単に聞こえますが、これは重要なのです。キーワードと狙う客層を間違えると、アクセスアップは望めません。
また外部対策として、どれだけたくさん外部からのリンクがあるかどうかも重要です。A-siteはお客様同士、自動でリンクし合うシステムになっております。

ここから買おう!ここにお願いしよう!を叶えるホームページへ

どんな業種・業界でもホームページ上でのカテゴリー1位を引き出すまでご相談します。

ポイントは、お客様に潜在的に眠っている“小規模でも1位”の商品・サービスを引き出し“強み”に育てる作業の下準備です。

ホームページでは、デザインも重要ですが、何よりもコンテンツ(掲載内容)で何を伝えるか?が最重要ポイントです。
同業他社とほとんど同じでは、明確な差別化は難しいですね!

差別化を狙え

しかし、その「差別化」をどうすればいいか?

これが掲載内容を考えるときの最大の悩みだと思います。

長年に渡り同じ業界でキャリアを積み重ねて来た方々にとって、第3者の視点で自分の業界の新しい特徴を見つけ出すことは、かなり難しい作業になります。

しかし逆に、この「差別化」がうまく見つかれば、ホームページ運営は軌道に乗ります。

英彩人A-siteでは、豊富な業種業界のホームページ制作実績をベースに斬新なご提案を行います。
その中から、お客様と意思が統一できるまで打ち合わせを重ね、“光るコンテンツ”を作り出す作業を行います。

せっかくホームページを運営するのですから、「24時間稼ぐ営業マン」になってもらわなくては困りますね!

とにかく「カテゴリー1位」を作ります!無ければ考え出します!

ホームページの掲載内容を見直したい、ありきたりの内容でユーザーからの反応が悪い・・・
という方は、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。